ニュース

臨済宗得度式

日付:2017年12月10日

「得度を受けて」

第二十九期 䅈 敏孝

189-16-1.jpg
剃髪の儀を終え、僧としてスタート
 四月に東京国際仏教塾を修了させて頂いた後、仏教塾の専門課程でご指導頂いた、長野県千曲市開眼寺の柴田和尚様に、引き続きご指導を受け、七月二十六日に京都妙心寺微妙殿において臨済宗妙心寺派の僧として五歳のお寺のお子様から宗門特別学徒としての六十七歳の私までの三十五人が僧としての人生を歩むための第一歩として集団得度式を受けさせて頂きました。

 得度式を迎える前に約一週間、妙心寺の禅塾において、花園大学で学ぶ学生さん達と、読経、坐禅、作務を体験させて頂きました。きびきびとした動きについていくのは難しいところもありました。短時間で衣を着て、手巾を締め、袈裟を掛けて集合。二十歳前後の学生さんに襟元を直して頂くと、自然に「有難う御座います」と頭が下がりました。

 得度式当日は、戒師の妙心寺派管長 嶺興嶽管長から、お釈迦様のお弟子となる儀式がこの得度式だというお話を頂き、一人ひとり、管長の前に行き、頭に剃刀を当てて頂く剃髪の儀が行われ、安名(僧名)を書いた絡子を頂き、一旦退場、衣に着替えて再度入場、懺悔文、三帰戒、般若心経、四弘誓願を称え約一時間半の得度式は無事終了致しました。

189-16-2.jpg
ご縁に感謝!妻と共に
 この度、皆様のご指導のお蔭で得度させて頂いた今、私は、五歳の坊やと同じく、ようやく僧として歩み始めるスタート台に立てたのだという思いでいっぱいです。これからさらに家内の協力も得ながら実践、研鑽を積み、素晴らしい人生の卒業式が迎えられるようにしていかなければならないと考えております。

 家内の一言「主人の得度を通し、様々な方のご縁を頂き、共に感謝致します」

カテゴリー:ニュース

  • 平成30年度(第31期)塾生
    「塾生募集のお知らせ」へ
  • 卒業後、それぞれのあゆみ
  • カリキュラムのご紹介
  • 機関誌「仏教文化」
  • 東京国際仏教塾20年の歩み
  • 塾生統計等
  • プレスリリース

東京国際仏教塾

新宿事務所 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-4-3
町屋事務所 〒116-0001
東京都荒川区町屋1-2-1-3F

TEL:03-3809-5930 FAX:03-3809-5935

ウェブからのお問い合わせ

このページの先頭へ