ニュース

真言宗得度式

日付:2017年1月10日

第二十八期 山田 裕一

184-16-1.jpg
緊張の中にも美しい僧衣姿が-

 平成二十八年十月三十日(日)、鹿嶋山地蔵院において、第二十八期生真言宗コースの受講生の中から、今年は三名が得度式に臨みました。関係者の間では、得度カットと呼ばれる頭頂部と左右の三ケ所のみを残した髪型で、地蔵院へと向かいました。

 得度式の次第を確認したあと、丁字湯で身を清めた我々は白衣に着替え、准胝観音様の御真言を唱えながら本堂に入り、地蔵院住職である本 光清阿闍梨様より剃刀を当てていただいた後、空衣を着け壇の前に進み、受戒の後に如法衣を授かりました。如法衣を纏い、気持ちを引き締め再入堂したあと、「四智梵語」や『般若心経』、『理趣経』、「御真言」、そしてお大師様のご宝号をお唱えし、得度式を無事に終えることとなりました。

 記念撮影を終えた後は、大住職や本住職の奥様方が用意してくださった、心のこもったお食事を頂き、お祝いのお赤飯を頂戴したあとで、高野山へ提出する度牒申請書類の記入を行い解散となりました。

 来年五月頃から、教会教使や権教師の講習があり、その先を目指す人は四度加行があります。どのような道を歩むかはそれぞれですが、ここまでご指導してくださった先生方、そしてお導き頂いたお大師様への深い感謝を忘れることなく、修行の日々を送りたいと思います。

カテゴリー:ニュース

  • 平成29年度(第30期)塾生
    「塾生募集のお知らせ」へ
  • 卒業後、それぞれのあゆみ
  • カリキュラムのご紹介
  • 機関誌「仏教文化」
  • 東京国際仏教塾20年の歩み
  • 塾生統計等
  • プレスリリース

東京国際仏教塾

新宿事務所 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-4-3
町屋事務所 〒116-0001
東京都荒川区町屋1-2-1-3F

TEL:03-3809-5930 FAX:03-3809-5935

ウェブからのお問い合わせ

このページの先頭へ